読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[Debian] Debian Squeeze

Debian Squeeze (6.0) がリリースされた。うかつなことに2週間近く気がつかなかった。最近はDebianのMLをサブフォルダに入れてしまうので、見ないことが多い。squeezeのフリーズさえ知らなかった。MLのメールが多いので仕方ないが。

upgrade の手順

当然のことだがサーバは後回しになる。

Debianをクライアントにしているマシンがある(このブログでも扱っているマシン)ので、これからupgradeする。アーキテクチャamd64 であることに注意。

最初にリリースノートを読んでおく。

/etc/apt/sources.listの修正
  1. sources.list は、lenny-backports や sid を記述していたので、これは削除する
  2. volatile と proposed-update も削除する
  3. lenny を squeeze に変更する(stable ではなく、lennyを使っていた)
最初のupgrade

リリースノートによると、sargeからlennyではaptitudeを推奨していたが、今回はapt-getを推奨している。元に戻ったのか?

# apt-get clean
# apt-get update
# apt-get upgrade

apt-get中(最初、上記の推奨を無視していたので、実際にはaptitudeを使った)の質問と問題点を上げると

  1. dash (dashの方がbashより良いと言われたのでdashを選択したが、サーバでは止めといた方がよかろう)
  2. sysv-rc
  3. vnstat (failed)
udevとカーネルの更新

udevの仕様が変更されたようで、カーネルもsqueeze版にすることが必要とのこと。

# apt-get install linux-image-2.6.32-5-amd64

次にudevをインストールしようとしたが、libc6-i386に依存関係の矛盾があるとのことで、これをインストールする。

# apt-get install libc6-i386

ところが、ここで連鎖的に以下のパッケージのインストールされる。

  binutils cpp-4.3 fakeroot g++-4.3 g++-4.3-multilib gcc-4.3 gcc-4.3-base
  gcc-4.3-multilib gfortran-4.3 ia32-libs ia32-libs-gtk lib32asound2
  lib32bz2-1.0 lib32gcc1 lib32gomp1 lib32ncurses5 lib32ncurses5-dev
  lib32readline5 lib32readline5-dev lib32stdc++6 lib32v4l-0 lib32z1
  lib32z1-dev libasound2 libasound2-dev libc-bin libc-dev-bin libc6 libc6-dev
  libc6-dev-i386 libmpfr4 libstdc++6-4.3-dev locales manpages-dev zlib1g
  zlib1g-dev

以上のパッケージは、upgradeの際にパッケージの削除(ia32-libs-workaround-499043らしい)を要求していたため、upgradeされなかったようだ。

# apt-get install udev

udevがインストールされたので、ここでリブートする。

リブート後の処理(ATIのドライバ)

このマシンはATIのドライバをインストールしているので、新カーネルに対してコンパイルする必要がある。

# apt-get install linux-headers-2.6.32-5-amd64
# cd /lib/modules/fglrx/build_mod
# sh make.sh
# cd /lib/modules/fglrx
# sh make_install.sh
# reboot
dist-upgrade

最後に

# apt-get dist-upgrade

記述するべき注意事項は

  1. キーボードの選択 (dpkg-reconfigure keyboard-configuration)
  2. grub の新バージョン (grub2。upgrade-from-grub-legacy)
# reboot

ところが、ここでATIドライバがおかしくなった。

ATIドライバ用パッケージ

システムブート時、起動途中で画面が真っ黒になってしまう。シグナルはディスプレィに行っているようだが、何も見えない。ATIドライバの問題だと思ったが、エラーにはなっていないようなので、前とは違う原因だ。おそらく設定の問題だと思うが現段階では何も分からない。

一応、vesaドライバで起動して、調べに入る。

そうこうしているうちに、ATIのドライバがnon-freeにあることが分かった。squeezeパッケージもあるので設定関係は対応してるだろうと期待する。

# apt-get install fglrx-driver fglrx-control

ここで、設定変更に関する質問は全て、「Y」と答える。これはパッケージメンテナのバージョンに書き換えるとの意味。/etc/X11/xrog.confを調整して再起動。

成功した。