読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

[Debian] fglrx-driver on jessie

このブログは最近まで開店休業で、AMDRADEON用ドライバについて書くぐらいだったのだが、今日はその話。

Debianのjessieがフリーズされてからだいぶ立つが(2014-11-05)、リリースクリティカルバグの減り方を見ると、3月中にリリースされる可能性がある。

その関連かどうか分からないが、数日前、事務所で使っているPCで、unmet dependenciesが頻出して、アップデートできなくなった。wheezy-backportsを基本にしてunstableなども共存しているので、そのせいかと思い、どうせjessieのリリースが近いからと、jessieに切り替えてdist-upgradeした。

ところが、その仮定でgdmが起動しなくなった。Alt+F2を使ってcuiでログインすることはできるが、X-windowが落ちている。いろいろ調べて分かったことは、fglrx-driverに関連するバグらしい。次のようなバグレポートが関係するようだ。

原因

gdmが起動しくなった原因は2つである。

  • fglrx-driverとgdm3、libcutterが関係するバグ
  • 私がfglrx-driverを明示的にインストールしたこと

すなわち最初は、fglrx-driverを使わずに起動していたのである。それをわざわざ、fglrx-driverをインストールしたために、バグに引っかかったということだ。元々wheezyでは、fglrx-driverをカーネルモジュールとして使っていたので(そうしないとグラフィックス性能が落ちる)同じようにしたのだが、それが余計なことだったわけだ。

RADEON用にはAMD製のCatalystドライバがあり、これがfglrx-driverパッケージの元になっている。しかしもうひとつ別に、スクラッチから書かれたフリーのRADEON用のドライバがある。もちろん性能的にはプロプライエタリなfglrx-driverの方が良いのだが、何度も書いているように結構、問題が多い。

それもあって、jessieではフリーのドライバが自動的にインストールされるようになったらしいのだ。これは、xserver-xorg-video-radeonという名前のパッケージに含まれているようだ。

そこで教訓、


jessieではしばらく、fglrx-driverを使わない方がよい。

もしfglrx-driverをインストールしてしまって、gdmが起動しなくなったら

  1. Alt+F2でcuiのログイン画面を出し、root権限でログインする
  2. fglrxが名前にふくまれるパッケージを全て、purgeする
  3. /etc/X11/xorg.conf.original-0のような名前のファイルがあれば、これを/etc/X11/xorg.confにリネームする(無い場合は、/etc/X11/xorg.confを削除するだけでも良いかもしれない)
  4. 再起動

以上で、gdmが起動すると思う。