読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

キャッチャー・イン・ザ・ライ

村上春樹訳のキャッチャー・イン・ザ・ライを読んだ。

こんな話だったのか?全く何も覚えていなかった。野崎孝訳の方が良いという話も聞くが、雰囲気がずいぶん違っている。昔はわくわくしたのだが、やっぱり10代で読む小説なのか。

そもそも万城目のホルモーを読んで The Catcher in the Rye を思い出し、その繋がりで村上春樹を読んでみようと思ったのだったが。長い間に、ニューロン連鎖が何かと入れ替わったのか。