差別主義者「菅直人」

低所得者層が維新に共鳴」

あまりに腹立たしい。

大阪府民をバカにしている。 人間の尊厳を所得で計っている。 こんなことが許されていいのか?

菅直人は、即刻、議員辞職すべきだ。

立憲執行部が菅直人を擁護するなら同罪だ。 立憲は大阪から退去せよ。 日本からも消滅せよ。

日本共産党の危機

総選挙の結果がどうのという話ではない。

橋下徹が書紀局長の小池晃に、志位委員長の退陣を勧めていた。議席減の責任を取って、この際「世代交代」をした方が良いというものだ。嫌味という感じではなく、野党が役割を果たすためにも若返りをして、もう少し力を持ってほしい、というエールのような言葉とも受け取れた。

だが、今の共産党に世代交代ができるのか、それは難しいのではないか。

と言うのも、選挙期間中に共産党の支持者によるビラ配りに何度か出くわしたからだ。ビラを配っている人は皆、私よりかなり年配でおそらく70歳を越えているように思った。拡声器でしゃべっている人も、元気一杯とは到底言えないおじいさんだった。それぞれ、昔は元気な活動家だったのだろう。そう思うと、私は日本共産党の支持者ではないが、一抹の寂しさを感じた。

たぶん志位和夫も、世代交代が必要なことは百も承知なのだ。