読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本・小説

「江戸御留守居役―近世の外交官」

何の脈絡もなく書評(のようなもの)を始める。著者:笠谷和比古 出版:吉川弘文館この本は、国史大辞典で知られる吉川弘文館の歴史文化ライブラリーの1冊である。著者は、執筆当時は日文研の教授だったらしい。京大文学部の出身だということで、梅原猛人脈…

馬に関する誤訳

この記事は、書いてから半年ほどたってから間違いに気づいた。菊池光は、stallionを「繁殖牡馬」と誤訳したのではなく、broodmareを「種牝馬」と訳してしまったのだった。そのため、一部修正した(2015-09-29)数日前、BABYMETALの新曲の振り付けに対する考…

甲子夜話

本町の天牛堺書店で、甲子夜話続篇の7巻を見つけた。780円均一。即断で買う。これで続篇は8巻を残すだけとなった。東洋文庫の甲子夜話は1冊3000円以上する。三篇まで揃えると全20冊になるので、1冊1000円を目安にして古本で買うことにしている。3年越しにな…

村上春樹は偉い

村上春樹は偉大な作家だと思う。そう思うのは、逆説的なのだが、「村上朝日堂はいかにして鍛えられたか」というエッセイを、全く面白いと感じなかったからだ。エッセイが決して不出来なわけではない。最初にこれを読んだら面白いと思う。ところが私は最初に…

ロジャ・メイチン氏のその後(2)

前の記事で述べたように、ロジャ・メイチン氏は2002年7月21日に亡くなっている。消息を追っていくうち、彼が日本翻訳者協会(Japan Association of Translators)という団体に所属していたことが分かった。2001年にメイチン氏が会報に載せた記事が現在のとこ…

ロジャ・メイチン氏のその後

(今までメイチン氏の名前を「ロジャー」と表記していたが、「ロジャ」に改めた。本人が自著で「ろじゃめいちん」と表記しているためである)竹内街道を歩く計画があって、司馬遼太郎の「街道をゆく」第1巻を読んだ。ロジャ・メイチンという英国人の若い言…

キャッチャー・イン・ザ・ライ

村上春樹訳のキャッチャー・イン・ザ・ライを読んだ。こんな話だったのか?全く何も覚えていなかった。野崎孝訳の方が良いという話も聞くが、雰囲気がずいぶん違っている。昔はわくわくしたのだが、やっぱり10代で読む小説なのか。そもそも万城目のホルモー…

村上春樹とチャンドラー

村上春樹訳「ロング・グッドバイ」を読んだ。後書きに村上が書いている。「チャンドラーはなぜそのような手法をとったのか?目的はただひとつ、彼自身の語るべきフィクションを、より自発的で、よりカラフルで、より説得力のある物語として立ち上がらせるた…

1Q84

1Q84を読んだ。久しぶりにワクワクした。ストーリーは昔読んだSFマガジンを思わせる。それでも不思議と違和感は無い。文章が良い。簡潔で分かりやすいが、それ以上のものを感じる。

居眠り磐音

四五巻前から、どうもいかん。粗が目についてしまう。私の方の気持ちの問題かも知れないが。

万城目学

娘が大学に入って、京都に行く機会が増えたこともあり、ホルモーを2冊読んだ。鬼はご愛嬌だが、文章がうまい。The Catcher in the Rye を思い出した。

葉室麟

葉室麟が面白いと云われて「秋月記」を読んだ。藤沢周平を意識しているのが分かる。近世物を書く作家なら、藤沢周平みたいに書きたいと思うのは当然ではあるが。面白いが、まだ藤沢周平ではない。直木賞のは、どうかな。

甲子夜話

甲子夜話の2と6に加えて続編1を古本屋で見つけた。1を読み終わろうとしていた矢先で、つい買ってしまった。1冊800円は少し高いのだが。

居眠り磐音江戸双紙

最近、表題の物語にはまっている。作者のストーリーテラー振りには感心させられるばかりだが、やはり忙し過ぎるのであろう、細かい矛盾が時々出現する。それは基本的には編集者の責任に帰するべきだが、歴史認識に関わることで気になることがあったので、記…