読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Metal Hammerの復活

BABYMETAL

http://assets.teamrock.com/image/31ae8244-0d31-4aef-9fdf-5437c4fbd834

Metal Hammerが復活する。いや、既にしてしまった。1月9日の段階で、Metal Hammer 292号が店頭に並んだようだ。

ほとんど狐に鼻をつままれたような気分だ。それと言うのも、昨年末に倒産したTeamRockの所有する資産*1を、Classic RockとMetal Hammerの前オーナーであるFuture Publishingが、たった80万ポンド*2で買い戻すことが、The Guardianのサイトで報道されたのが現地時間1月8日のこと。それが、翌日にはMetal Hammerの2月号が出るというこの素早さ。あまりにも手回しが良すぎるので、計画倒産かとさえ思ってしまう。

Future Publishingにすれば、2013年にTeamRockに売却した価格が1020万ポンド*3だから、1割以下の価格で買い戻したことになる。しかし、前の記事で紹介したように1年に10億円近い赤字が出ているので、80万ポンドというのも妥当な価格ではある。

冒頭の画像は、TeamRockサイト*4に掲載された、「Classic Rock、Metal Hammer、Progは、前のオーナーの介入により救われた」という発表に付されているものである。3誌併せて12冊の表紙が載っているが、そのひとつがBABYMETALの281号である。

ささやかなお祝いのつもりで、出たばかりの292号に掲載された、Live at WembleyのCDのレビュー記事を紹介する。

https://pbs.twimg.com/media/C1wKyd5WgAAb5YM.jpg:large

BABYMETAL Live at Wembley

Eleanor Goodman

狐神の使者が、イギリスでの大勝利を再現する

「Metal Resistanceの時が来た、BABYMETALと共に、メタル、メタル、メタル、メタル...」。そして、スターウォーズ風のドラマチックな語りが終わり、BABYMETAL DEATHのドラムの炸裂が空隙を破ると、聴衆が叫び始める。Live at Wembleyは、彼女たちがこの4月に行った、彼女たちにとってイギリスにおける最大のライブの忠実なレコーディングなのだが、それはひとつの歴史の証拠でもある ー 彼女たちは、この会場を征服した最初の日本バンドなのだ。だが、それだけではない。この鬱陶しい冬の盛りに待ち望まれる、希望に満ちたエネルギーの爆発だ。ここにある曲には紛れもない生命がある。Awadame Feverのバブルガムな歌詞に溢れる泡、秒読みたいなKARATEのコーラス、拳を振り上げたくなるようなMegitsuneの旋律。これらは全て、アリーナを制圧するために書かれたものだ。音は常軌を逸するように飽くまでも大きく、神バンドのメタルリフとソロは、彼女たちの明るい声を巧みに織り上げる。文句をつけるなら、曲間の苛立たしい空白と、セットが17曲から13曲にカットされたことだけだろう。外されたのは、いずれも同名タイトルのファーストアルバムの曲だ。このことから、Babymetalが狐神の示唆する未来に向かって、ひたすら前進することに注力していることは明らかだ。しかし、これは些細なあら探しだ。Babymetalは真の現象なのだ。Wembleyは始まりに過ぎない。

あとがき

このレコードレビューを書いたのは、273号のカバーストーリーやWembleyのコンサートレビューを書いたEleanor Goodman記者である。

彼女は復職できたのだろうか?なかなかの文章家だから、大丈夫だと思うけどね。

なお、次回の記事は、久しぶりに主題がBABYMETALではない予定なので、ご注意ください。

*1:雑誌、The Golden Gods Awardsなどのイベント、TeamRockラジオのライセンス

*2:現在の為替レートで1.1億円

*3:同14.4億円

*4:このサイトもTeamRockというブランドごと、Future Publishingに移るようだ